映画『愛の流刑地』 貫地谷しほり出演

東宝映画『愛の流刑地』(あいのるけいち)2007年
監督・脚本/鶴橋康夫  主題歌:平井 堅

愛の流刑地(出演 豊川悦司、寺島しのぶ)

〜物語〜
かつて、恋愛小説の期待の星として脚光を浴びていた男、村尾菊治(むらお きくじ)は、10年近くにも渡り新作を書けず、現在では東京にて既に忘れ去られた小説家の一人となってしまっていた。

そんなある日、女友達の紹介によって、学生時代から自分のファンであった人妻、入江冬香(いりえ ふゆか)と出会う。『現代の大和撫子』を絵に書いたかのような冬香の容姿に、以前見た盆踊りを思い出し、彼女に強く心惹かれる事になる。そして、冬香をホテルに誘い込んだ末に、菊治は人妻である彼女と肉体関係を持ち、禁断の愛で結ばれてしまう。

その後も京都にて逢引を続け、肉体関係を繰り返す二人。冬香は、今まで夫には感じられなかった程の激しいエクスタシーを菊治との間で感じるようになる。更に彼女の夫が東京に転勤し家族共々東京で住む事になった為、冬香は菊治の住む千駄ケ谷の自宅へ通うようになる。次第に感じるエクスタシーが激しくなっていく冬香は、夫との肉体関係を拒絶する程までに、ますます菊治の愛撫を求める。そして、菊治とのエクスタシーの中で「首を絞めて殺して」と口走ってしまう。菊治は冬香の言葉に戸惑うも 彼女の首を絞め、愛撫の絶頂に達していく。しかし、ある日、菊治は望みどおり、いつもと同じように首に手をかけたのだが、思いもよらず彼女を殺してしまう。自分がおこした行為に茫然自失とする菊治。やがて、警察に通報し、自らが罪を犯したことを話す。そして、事件はマスコミが注目する中、裁判へと進んでいく。

懸命に冬香を愛した果てに殺してしまった菊治を待つ運命とは…?

菊治と冬香の間に出来た子である『小説』が世界に生まれる時、二人を取り巻く人々は、二人の思いについて一体何を思い感じるのか…?

〜出演者〜

村岡菊治/豊川悦司
入江冬香/寺島しのぶ
織部美雪/長谷川京子
入江 徹/仲村トオル
脇田俊正/佐藤浩一
北岡文弥/陣内孝則
魚住祥子/浅田美代子
稲葉喜重/佐々木蔵之介
村尾高子/貫地谷しほり
関口重和/松重 豊
久世泰西/本田博太郎
菊池麻子/余貴美子
木村文江/冨士純子
中瀬 宏/津川雅彦

〜愛の流刑地〜

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。