『大奥 華の乱』内山理名、藤原紀香、高岡崎などと共演

フジテレビ 2005年10月13日から12月22日まで放送

大奥 華の乱 DVD-BOX

〜ドラマの紹介〜
主演 内山理名。
他に藤原紀香、小池栄子、高岡早紀、江波杏子。
大奥の最盛期でもある元禄期を扱ったこともあり、
前作の第一章の時代(三代将軍徳川家光と春日局の時代)から
あまり月日が流れていないのにも関わらず、前々作以上に
女性同士のドロドロした修羅場や駆け引きが随所に散りばめられ
好評を博した。

12月30日に金曜エンタテイメントでスペシャルが放映され、
綱吉が館林藩主だったころのエピソードが描かれた。
このシリーズでは、奥女中トリオは微妙に名前を変えて登場している。(葛岡→葛原、吉野→美吉野、浦尾→秀尾)
実在はしたものの、大奥入り自体をしたという史料のない牧野安
(安子は役名で、安が正しい)を主役に置き、また側用人
柳沢吉保は将軍綱吉を恨んで殺意を抱いていたとするなど、
史実から離れた部分が多く見受けられる
(元禄赤穂事件も無視されている)。

一方で当時の俗説
(*徳川綱吉の死から幾ばくも経たぬうちに正室信子も
後を追うように死んだため、「実は信子は綱吉と無理心中
をしたのではないか」というもの)を脚本に絡ませるなど
取り組みもなされている。ドラマの盛り上がりと視聴率を
重視した結果とはいえ、あまりにも荒唐無稽な筋書きと
これでもかといわんばかりのドロドロは、多くの年配視聴者の
不評を買う結果となった。

メインキャスト
安子(綱吉側室、牧野成貞の娘):内山理名
徳川綱吉(第5代将軍):谷原章介
お伝の方(綱吉側室):小池栄子
右衛門佐(大奥総取締):高岡早紀
柳沢吉保(綱吉側用人):北村一輝
大典侍(綱吉側室):中山忍
染子(柳沢吉保側室):貫地谷しほり
葛原(奥女中):鷲尾真知子
美吉野(〃):山口香緒里
秀尾(〃):久保田磨希
小山(〃):かとうあつき
萩乃(〃):岩橋道子
草庵:山田明郷
阿久里(安子の母):萬田久子
牧野成住(安子の元夫):田辺誠一
牧野成貞(綱吉側用人、安子の父):平泉成
隆光:火野正平
徳川光圀(水戸藩主):大杉漣
音羽(奥女中):余貴美子
桂昌院(家光側室、綱吉生母):江波杏子 注…桂昌院は前作登場のお玉(桂昌院が剃髪し、院号を取る前の名前)のこと。 
信子(綱吉正室):藤原紀香

「大奥〜華の乱〜」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。