風林火山 ミツ役を熱演する貫地谷しほり

貫地谷しほり出演 大河ドラマ

第一回のあらすじより

時は天文4(1535)年、山本勘助(内野聖陽)が
まだ大林勘助と名乗っていた頃、勘助は兵法を極めるために
諸国を修業する浪人に過ぎなかった。
15年の旅を終え、家督を継ぐために故郷の三河へ向かっていた
勘助は、甲斐の葛笠村という寒村に立ち寄り農民の娘ミツ(貫地谷しほり)や平蔵(佐藤隆太)と出会う。

その頃の甲斐は信玄の父である武田信虎(仲代達矢)が
ようやく甲斐国の統一に成功し、さらに勢力を伸ばそうと
駿河の今川、相模の北条と敵対していた。
武田と今川の戦いは農民たちをも巻き込み、
葛笠村も今川の雑兵たちに襲われる。
勘助はミツ(貫地谷しほり)を救うため、覆面の男(寺島進)と激しい剣戟を繰り広げるが、
逃げられ恨みを買うことになる。男は今川兵に扮した
武田の家臣であった。一方、武田家の主力が今川と
対峙している間に相模の北条氏康(松井誠)が甲斐に攻め込んできた。応戦する板垣信方(千葉真一)率いる武田軍と北条軍の
戦ぶりを見にいく勘助だが、無理についてきたミツ(貫地谷しほり
が北条の武将(きたろう)に捕らわれてしまう・・・。

登場人物を見ると 貫地谷しほりちゃんがどの役で
どんな役柄をするのかがわかるかな?


「風林火山」記者会見模様→You Tube

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。