貫地谷さんのデビュー映画『修羅の群れ』

『修羅の群れ』(しゅらのむれ)2002年
松方弘樹の主演でリメイク版が制作 監督 辻裕之

〔1984年、東映配給網により公開されたやくざ映画〕
 監督 山下耕作。
 主演 松方弘樹 
 製作 俊藤浩滋、高岩淡

〜物語〜

昭和7年。川崎に縄張りを持つ加東伝三郎親分に見込まれ博徒の世界に入った稲原龍二は、兄貴分の横山新二郎から博徒としての生き方を叩き込まれ、関山組との抗争、東海道一の親分・鶴岡政二郎との出会いなどを経て、めきめきとその頭角を表わす。そして敗戦後には、モロッコの辰、井沢輝一を初めとする愚連隊たちをも傘下に収め、昭和24年に熱海の山崎屋一家の跡目を継ぎ、晴れて縄張り持ちの身になるのであった。当時の熱海では、戦勝国民となった三国人グループが暴れ回っていたが、稲原とその子分たちの命を張った活躍によってその問題も解決。これによって稲原は、一般市民の信頼をも得ることとなった。

〜キャスト〜
松方弘樹 マツカタヒロキ (稲原龍二)
中井貴一 ナカイキイチ (田城正雄)
夏八木勲 ナツヤギイサオ (横山新二郎)
鶴田さやか ツルタサヤカ (稲原雪子)
丹波哲郎 タンバテツロウ (鶴岡政二郎)
名高達男 ナダカタツオ (石井隆司)
二宮さよ ニノミヤサヨ (田城綾子)
隆大介 リュウダイスケ (林俊一郎)
目黒大樹 メグロ (稲原裕之)
渡辺裕之 ワタナベヒロユキ (渡会芳樹)
高松英郎 タカマツヒデオ (加東伝三郎)
俊藤光利 (青年時代の稲原龍二)
渡哲也 ワタリテツヤ (晩年の稲原裕之)
梅宮辰夫 ウメミヤタツオ (関山勝)
小林旭 コバヤシアキラ (安倍信作)
菅原文太 スガワラブンタ (九道見治)
本宮泰風 モトミヤヤスカゼ (井沢輝一)
寺島進 テラジマススム (出口辰雄)
やべきょうすけ (森田新吾)
崎山凛 (長谷川政治)
待田京介 マチダキョウスケ (草山武明)
岡崎二朗 オカザキジロウ (山崎宏)
小沢仁志 オザワヒトシ (町村久行)
古井榮一 フルイエイイチ (山倉健造)
山下真広 ヤマシタマサヒロ (吉永金三)
辰巳佳太 タツミケイタ (田中圭)
諏訪太朗 スワタロウ (女衒)
野上正義 ノガミセイギ (医師)
亀石征一郎 カメイシセイイチロウ
石橋雅史 イシバシマサシ
並樹史朗 ナミキシロウ
島ひろ子 シマヒロコ
武蔵拳 ムサシケン
森羅万象 シンラバンショウ
山口仁 ヤマグチ
土平ドンペイ ツチヒラドンペイ
山口剛
小林昭男 コバヤシアキオ
石山雄大 イシヤマユウダイ
高崎隆二 タカサキリュウジ
AKIRA アキラ
港雄一 ミナトユウイチ
梓陽子 アズサヨウコ
村上連 ムラカミレン
大槻博之
大西武志 オオニシタケシ
中村美睦 ナカムラミムツ
野口雅弘 ノグチマサヒロ
貫地谷しほり カンジヤシホリ ←←
中谷彰宏 ナカタニアキヒロ
殺陣剛太 タテゴウタ
森永健司 モリナガケンジ
塩山義高 シオヤマヨシタカ
山本竜二 ヤマモトリュウジ
森保郁夫 モリヤスイクオ
山之内幸夫 ヤマノウチサチオ

〜修羅の群れ〜

映画『惨劇館,夢子』貫地谷しほり出演

日本劇場 2002年2月

惨劇館 夢子

〜内容〜
ベストセラーホラーコミック「惨劇館」を実写映像化。
女子高生の夢子には、人には言えないある能力があった。
それは毎夜「予知夢」を見ること。
それも決まって人が殺される夢。
ある日、夢子は少女が廃虚の様な場所で男に惨殺される夢を見る。
だが、自分の夢に怯え、誰かが殺されることを知りながらも
何もすることができなかった。

そんな折、同じマンションに住む子供が母親の暴力で虐待死する
夢を見る。
夢の中で死んでいった子供の姿が頭にこびりつき、何とも言えない
罪悪感にさいなまれた夢子は、翌朝児童相談所に連絡をとる。
あのかわいそうな子供をどうにかしたい一心で。
結果、夢子の電話のおかけでその子供は無事保護され、
虐待から助けることができた。
その時夢子は気付く。
“私が見た夢で殺された人を、私は救えるかもしれない…”
夢子は初めて自分の夢に立ち向かう決意をするのだった。
早速夢子はあの廃墟での殺人予知夢を解読し始める。

〜キャスト〜
美波(奥矢夢子)
小沢和義(私立探偵竹中平吉)
貫地谷しほり(奥矢月子)
さとうこうじ(松田浩明)
児島美ゆき(奥矢道代)
諏訪太朗(松田末男)
上野なつひ(松田愛子)
長曽我部蓉子(東野逸美)
清水 宏(矢部刑事)
木村慶太(有賀刑事)
近藤菜奈実(松田美津子)
山田さくや(東野育美)
小柴亮介(久内満)
木阪佳史
土井きよ美
谷田裕美

〜映画 惨劇館/夢子〜

映画『SURVIVE STYLE5+』貫地谷しほり出演

東宝 2004年に劇場公開
5つ(+1)の独立したエピソードがそれぞれに絡み合い、ストーリーを作っていく。

SURVIVE STYLE 5+ プレミアム・エディション

〜エピソード〜
1.何度もよみがえる妻と、その妻を殺し続ける男
2.自信過剰なCMプランナーと、人気催眠術師
3.鳥になってしまった父親と、その家族
4.空き巣をして暮らす3人組
5.ロンドンから来た殺し屋と、その通訳
+.恐妻家の製薬会社社長と取り巻きの面々

〜各ストーリーのキャスト〜
・何度もよみがえる妻と、その妻を殺し続ける男
浅野忠信(石垣昌宏)
橋本麗香(石垣の妻・ミミ)
ピエール瀧(白バイ警官)

・自信過剰なCMプランナーと、人気催眠術師
小泉今日子(CMプランナー・洋子)
阿部寛(催眠術師・青山)
三輪明日美(ウエイトレス)
志賀廣太郎(タクシー運転手)
内田仁菜(女子高生・マキ)
関綾乃(女子高生・ハヤシ)

・鳥になってしまった父親と、その家族
岸部一徳(小林達也)
麻生祐未(妻・美沙)
貫地谷しほり(長女・果歩)
神木隆之介(長男・慶一)
三浦友和(町医者・山内)
唯野未歩子(佐々木先生)
山内健司(大学病院教授・坂口)
土佐信道(大学病院助手・山口)

・空き巣をして暮らす3人組
津田寛治(空き巣・津田)
森下能幸(空き巣・森下)
JAI WEST(空き巣・J)

・ロンドンから来た殺し屋と、その通訳
Vinnie Jones(殺し屋・Jimmy Funky Knife)
荒川良々(通訳・片桐)
木村多江(スチュワーデス)

・恐妻家の製薬会社社長と取り巻きの面々
千葉真一(製薬会社社長・風間)
並樹史朗(製薬会社役員)
板谷由夏(社長秘書)
マギー(広告代理店・営業)
河原雅彦(劇中CMのディレクター)
加瀬亮(劇中CMの頭痛男)


〜SURVIVE STYLE5+〜

映画『スウィングガールズ』貫地谷しほり出演

東宝 スウィングガールズ 2004
監督 矢口史靖

スウィングガールズ スペシャル・エディション
スウィングガールズ スペシャル・エディション

〜ストーリー〜

東北地方の山河高校の、落ちこぼれ学生だった友子ら13人の女子生徒は、夏休みの補習授業をサボるために、食中毒で入院した吹奏楽部のピンチヒッターに応募する。
唯一、食中毒を免れた気の弱い吹奏楽部員・拓雄の指導で、ビッグバンドジャズをはじめた友子らは、次第に演奏の楽しさに目覚め、ジャズにのめりこんでいく。しかし、吹奏楽部員が退院して復帰したため、あえなくお払い箱になってしまう。
二学期になった友子らは、演奏の楽しさが忘れられず、バンドを結成し、楽器を買うためにアルバイトに精を出して、失敗したり四苦八苦しながら、ビッグバンドジャズにのめりこんでいく。

〜キャスト〜
【スウィングガールズ】
鈴木友子(テナーサックス):上野樹里
中村拓雄(ピアノ):平岡祐太
斉藤良江(トランペット):貫地谷しほり
関口香織(トロンボーン):本仮屋ユイカ
田中直美(ドラムス):豊島由佳梨
渡辺弘美(ギター):関根香菜
山本由香(ベース):水田芙美子
久保千佳(アルトサックス):あすか
岡村恵子(アルトサックス):中村知世
大津明美(テナーサックス):根本直枝
清水弓子(バリトンサックス):松田まどか
石川理絵(トランペット):金崎睦美
下田玲子(トランペット):あべなぎさ
宮崎美郷(トランペット):長嶋美紗
吉田加世(トロンボーン):前原絵理
木下美保(トロンボーン):中沢なつき
小林陽子(トロンボーン):辰巳奈都子

【家族】
鈴木友子家
友子の父・鈴木泰三:小日向文世
友子の母・鈴木早苗:渡辺えり子
友子の妹・鈴木亜紀:金子莉奈
友子の祖母・鈴木みえ:桜むつ子

【山河高校関係者】
数学教師・小澤忠彦:竹中直人
音楽教師・伊丹弥生:白石美帆
吹奏楽部の男子生徒・部長:高橋一生
野球部の男子生徒・井上:福士誠治
女生徒・千恵:岩佐真悠子
久保田先生:宝井誠明

【ヤマハ音楽教室】
音楽教室の先生(トロンボーン):谷啓
音楽教室の生徒(ウッドベース)・真澄:西田尚美
音楽教室の生徒・聡(電子ピアノ):谷本和優

【その他】
弁当屋:森下能幸
公園前の奥さん:林田麻里
楽器店の店員:江口のりこ
スーパーフロアの主任:木野花
スーパーフロアのチーフ:大倉孝二
兄弟デュオの兄・高志:眞島秀和
山形県米沢市出身。方言指導も担当。
兄弟デュオの弟・雄介:三上真史
カラオケボックス店員:徳井優
パチンコ屋店長:田中要次
パチンコ屋の客:坂田聡
パチンコ屋の客:山口れお
バス運転手:佐藤二朗
列車の車掌:小形雄二
老婆:森康子
音楽ホールの司会者:菅原大吉
さくらんぼテレビの看板アナウンサー:武田祐子(フジテレビアナウンサー)


〜スウィングガールズ〜

映画『探偵事務所5』貫地谷しほり出演

探偵事務所5 2005
監督:中井 庸友

探偵事務所5” Another Story File 6

〜内容〜
川崎にある「探偵事務所5」は、創立60周年を迎える格式ある探偵事務所である。この探偵事務所をめぐる物語に主人公は存在しない。ここに登場するすべての探偵が主人公である。あえて言うなら、この「探偵事務所5」こそがこの物語の主人公であると言えるかもしれない。その探偵たちに名前はない。5を先頭にする三けたの番号をそれぞれが持ち、互いをその番号で認識しあっている。

〜キャスト〜
探偵500:宍戸錠
探偵501:佐野 史郎
探偵508:中沢青六
探偵596:柏原 収史
探偵511:石橋 蓮司
探偵513:近藤芳正
探偵522:宮迫博之
探偵532:夏生ゆうな
探偵542:鈴木リョウジ
探偵553:池内博之
探偵555:虎牙光輝
探偵556:小沢 和之
探偵515:藤木勇人
探偵517:上原 歩
探偵R571:SHOGO
探偵576:佐伯新
探偵591:成宮寛貴
探偵596:柏原収史
探偵599:宍戸開
司書:牧口 元美
宍戸瞳:貫地谷しほり
鍵屋の錠:矢島 健一
爆弾魔:大口 広司
女の子:種 香織
OL:林 妙子
幼児:小山季来々
探偵511の妻:井上れい子
崎山:綾田俊樹
うさぎ:渡辺一志
依頼者:つぐみ
椿:櫛山晃美
依頼者:ベンガル

〜探偵事務所5〜

映画『最終兵器彼女』貫地谷しほり出演

東映『最終兵器彼女』(さいしゅうへいき かのじょ)2006年
漫画雑誌「ビッグコミックスピリッツ」で連載された高橋しんの漫画である。略称は「最彼(さいかの)・サイカノ」
製作総指揮:高橋 浩
監督:須賀 大観

最終兵器彼女

〜ストーリー〜
北海道の田舎町で暮らすシュウジとちせ。ちせは以前から興味を持っていたシュウジに度胸試しとして告白、そのぎこちない交際は交換日記から始まった。
そんなある日、謎の敵に札幌市が空襲される。攻撃から逃げるシュウジが見た物、それは腕を巨大な武器に変え、背から鋼鉄の羽根を生やした兵器と化して敵と戦うちせの姿であった。
国籍不明の軍隊との戦争が激化していくにつれちせは兵器としての性能が向上していくが、故障をきっかけに肉体も精神も人間とは程遠いものとなってしまった。
二人のクラスメイトのアツシは、以前から想いを寄せていたアケミを守る為に自衛隊に入隊。戦場へ赴いていた。
TVアニメオリジナルエピソードで、ちせの親友四人組の一人のゆかりは自警団の白人兵狩りに参加。銃を持ってタケの仇を討つ為、山狩りへ向かう。
そんな中、アケミは大地震に巻き込まれて大怪我をし、シュウジの目の前で死んでしまう。歪んでいく日常。シュウジは再度姿を見せたちせを連れて町を出るが…。


〜キャスト〜
ちせ役   前田亜紀
シュウジ役 窪塚俊介
アツシ役  木下了
アケミ役  貫地谷しほり
ナカムラ役 川久保 拓司
中隊長役  二階堂 智
白衣の男役 津田 寛治
テツ役   渋川 清彦
ふゆみ役  酒井 美紀
ムラセ役  伊武 雅刀

〜最終兵器彼女〜

映画『ナイスの森〜The First Contact〜』貫地谷しほり出演

ナイスの森 〜The First Contact〜 2006年
原作・脚本・監督・編集:ナイスの森(石井克人・三木俊一郎・ANIKI)

ナイスの森 The First Contact

〜作品紹介〜
ナイスの森"は、以下の3人によって形成されたユニットである。
富士通 FMVシリーズ等多くのCMを手掛け、映画『鮫肌男と桃尻女』『PARTY7』『茶の味』等の監督石井克人。
「ファンタ」シリーズCMや「SMAP Short Films」等の演出、「旭化成」CMのイヒ役・ショートフィルム連載マガジン「Grasshoppa!」で石井克人らが手掛けたCGアニメーション「HAL&BONS」のもち君役・映画「茶の味」等、出演作も多い三木俊一郎。
「NOVA考える人」CMやWEBドラマ『10年レター』、映画では『茶の味(音楽監督)』、木村カエラ主演『カスタムメイド10.30』の監督ANIKI。
また3人のマネージメントを同名の会社組織がおこなっていたが、こちらは 2006年10月23日より社名を「NICE RAINBOW」に改称している。

〜キャスト〜
田中勝一 - 寺島進
田中マサル - 浅野忠信
イチコ - 池脇千鶴
ニコ - 吹石一恵
ミーコ- 尾野真千子
タケフミ- 加瀬亮
ノッチ- 西門えりか
ハスダカズシ- 轟木一騎
ミキ-三木俊一郎
よしこ-高橋マリ子
きくち-菊地凛子
フースケ-伴杏里
ンーギャバ-貫地谷しほり
オモロー-夏帆
葵-三浦葵
奈奈-下田奈奈
ハタル少女-坂野真弥
お遍路さん-田中星児
森下-森下能幸
ハスダ-庵野秀明
南ちゃん-志賀廣太郎
津田-津田寛治
水橋くん-水橋研二
大山-大山健
嶺岸-峯岸昭志
田中マサオ-アンドリュー・アルフィエリ
山田タモツ-下田祐司
安田-森岡龍
佐藤-佐藤貴広
伊藤-伊藤二朗
谷本-谷本和優
ペロ監督-アキ
電車-白仁裕介
仮面男-森山開次
青木裕記
NAO
杉谷一隆
小林一喜
紀元由有
菊口真由美
香川亮
田中めゆ
北原梢
若林春菜
和田倉和利
大渡八千代
園田真吾
原田典久
白井道代
後藤芳
すしお
甘木モリオ
冨田しおり
加藤ひろえ
園田定宏
梅田小夜子
関口修男
栃木県茂木町立木幡小学校の皆さん

〜ナイスの森 The First Contact〜

映画『夜のピクニック』貫地谷しほり出演

日本映画『夜のピクニック』(よるのピクニック)2006年
監督:長澤雅彦

夜のピクニック ピクニックパック

〜ストーリー〜
全校生徒が24時間かけて80キロを歩く高校の伝統行事「歩行祭」。
3年生の甲田貴子は、最後の歩行祭、1年に1度の特別なこの日に、自分の中で賭けをした。それは、クラスメイトの西脇融に声を掛けるということ。貴子は、西脇を意識していたが、一度も話をしたことが無かった。親友にも打ち明けてはいなかったが、ふたりは異母兄弟であったのだ。しかし、ふたりの不自然な様子をクラスメートは誤解して・・・。

(著者の母校である茨城県立水戸第一高等学校の名物行事「歩く会」をモデルにしている。)

〜物語の登場人物〜
西脇融
テニス部。同級生の甲田貴子とは異母兄妹。
甲田貴子
同級生の西脇融とは異母兄妹。
戸田忍
融の親友。水泳部。
遊佐美和子
貴子の親友で和菓子屋の娘。
榊杏奈
貴子の親友で帰国子女。現在はアメリカにいる。
後藤梨香
融と貴子のクラスメイト。戸田忍の事が好き。早稲田大学で演劇を勉強するのが目標。 梶谷千秋
融と貴子のクラスメイト。
榊順弥
杏奈の弟。歩行祭に飛び入りで参加する。実は去年も来ていた。
高見光一郎
融と貴子のクラスメイトでロックをこよなく愛する。昼間は死んだように静かなので「ゾンビ」とあだ名される。
内堀亮子
戸田忍の元カノ。融の事を狙っているらしい。北高男子の憧れの的。

〜キャスト〜
甲田貴子:多部未華子
西脇融:石田卓也
戸田忍:郭智博
遊佐美和子:西原亜希
後藤梨香:貫地谷しほり
梶谷千秋:松田まどか
高見光一郎:柄本佑
内堀亮子:高部あい
榊杏奈:加藤ローサ
榊順弥:池松壮亮
矢部(野球部員):海老澤健次
さくら(実行委員):近野成美
藤巻(教師):嶋田久作
校長:田山涼成
貴子の母:南果歩

〜夜のピクニック〜

映画『愛の流刑地』 貫地谷しほり出演

東宝映画『愛の流刑地』(あいのるけいち)2007年
監督・脚本/鶴橋康夫  主題歌:平井 堅

愛の流刑地(出演 豊川悦司、寺島しのぶ)

〜物語〜
かつて、恋愛小説の期待の星として脚光を浴びていた男、村尾菊治(むらお きくじ)は、10年近くにも渡り新作を書けず、現在では東京にて既に忘れ去られた小説家の一人となってしまっていた。

そんなある日、女友達の紹介によって、学生時代から自分のファンであった人妻、入江冬香(いりえ ふゆか)と出会う。『現代の大和撫子』を絵に書いたかのような冬香の容姿に、以前見た盆踊りを思い出し、彼女に強く心惹かれる事になる。そして、冬香をホテルに誘い込んだ末に、菊治は人妻である彼女と肉体関係を持ち、禁断の愛で結ばれてしまう。

その後も京都にて逢引を続け、肉体関係を繰り返す二人。冬香は、今まで夫には感じられなかった程の激しいエクスタシーを菊治との間で感じるようになる。更に彼女の夫が東京に転勤し家族共々東京で住む事になった為、冬香は菊治の住む千駄ケ谷の自宅へ通うようになる。次第に感じるエクスタシーが激しくなっていく冬香は、夫との肉体関係を拒絶する程までに、ますます菊治の愛撫を求める。そして、菊治とのエクスタシーの中で「首を絞めて殺して」と口走ってしまう。菊治は冬香の言葉に戸惑うも 彼女の首を絞め、愛撫の絶頂に達していく。しかし、ある日、菊治は望みどおり、いつもと同じように首に手をかけたのだが、思いもよらず彼女を殺してしまう。自分がおこした行為に茫然自失とする菊治。やがて、警察に通報し、自らが罪を犯したことを話す。そして、事件はマスコミが注目する中、裁判へと進んでいく。

懸命に冬香を愛した果てに殺してしまった菊治を待つ運命とは…?

菊治と冬香の間に出来た子である『小説』が世界に生まれる時、二人を取り巻く人々は、二人の思いについて一体何を思い感じるのか…?

〜出演者〜

村岡菊治/豊川悦司
入江冬香/寺島しのぶ
織部美雪/長谷川京子
入江 徹/仲村トオル
脇田俊正/佐藤浩一
北岡文弥/陣内孝則
魚住祥子/浅田美代子
稲葉喜重/佐々木蔵之介
村尾高子/貫地谷しほり
関口重和/松重 豊
久世泰西/本田博太郎
菊池麻子/余貴美子
木村文江/冨士純子
中瀬 宏/津川雅彦

〜愛の流刑地〜

映画『神童』 

『神童』(しんどう)2007年 4月公開映画
監督/萩生田宏治

神童 (出演 成海璃子、松山ケンイチ)

〜ストーリー〜
幼い頃から「神童」と呼ばれていたピアノの天才少女、うた。
彼女は指を保護するために球技を禁止され、常に手袋を着用するという生活を強いられていた。しかし膨らむのは大人の期待ばかりで「自分が本当にピアノが好きなのか?」ということさえ分からない。逆にワオは音大を目指す浪人生。次の試験に落ちればピアニストをあきらめなければいけない。そんな二人がちょっとした出来事で出会い、うたはワオにピアノを教えるようになり…。

〜キャスト〜
成瀬うた−成海璃子
言葉を覚えるよりも先に音符が読め、またピアノが弾けた程の天才中学生ピアニスト。しかし「球技をしてはいけない」などの様々な規定があるため学校では孤立している。また最近では「自分が本当にピアノが好きなのか?」ということさえ分からなくなっていた。しかしワオとの出会いや一時的な難聴を期に自分を音楽そのものだと受け入れる様になる

菊名和音/ワオ−松山ケンイチ
音楽は好きだが才能には恵まれない浪人生。音大を目指している時にうたと出会い、音大に無事合格する。

相原こずえ−三浦友理枝
ワオと同じ大学に在学している。

成瀬美香−手塚理美
うたの母親。練習をさぼりがちのうたとの衝突が絶えない。

長崎和夫−甲本雅裕

御木柴薫−串田和美
ワオの大学の教授。うたの父親である光一郎と共に演奏したことがある

小宮山教授−浅野和之

菊名正子−キムラ緑子

加茂川香音−貫地谷しほり 成瀬光一郎−西島秀俊
うたの父親で有名な音楽家だったが、うたが幼い頃に行方不明になる。実は難聴をわずらっていた。

桂教授−吉田日出子
菊名久−柄本明
池山晋−岡田慶太
森永−佐藤和也
三島キク子−安藤玉恵
女子中学生−柳英里沙
清水賢司−賀来賢人
体育教師−相築あきこ

井上−頭師佳孝
リヒテンシュタイン−モーガン・フィッシャー
世界的に有名なピアニスト。突然演奏会を中止し、その代表者にうたを指名する。


〜「神童」〜

映画『包帯クラブ』 

東映 「包帯クラブ」(ほうたいくらぶ)2007年
監督/堤幸彦

包帯クラブ(Amazon.co.jp)

〜ストーリー〜
ワラ(石原さとみ)は、ごく普通の学園生活を送る女子高校生。大切なものが少しずつ失われていく毎日に気付き、そんな日常にふと嫌気がさして、病院の屋上のフェンスを乗り越える。それがディノ(柳楽優弥)との出会いだった。
手首の切り傷を「料理で失敗して切っただけ」と言い張るワラ(石原さとみ)の心の傷を直感的に見抜いたディノ(柳楽優弥)は、ワラ(石原さとみ)の手首に巻かれていた包帯を、ワラ(石原さとみ)がさっき乗り越えたフェンスに結び付ける。「!?」「手当て、や」。それは、青空にたなびく白い一本の旗。なぜか、心から流れ出る血が止まったように感じるワラ(石原さとみ)。これが、「包帯クラブ」の始まりだった。

ワラ(石原さとみ)の中学からの同級生で、彼氏と別れたばかりで落ち込んでいるタンシオ(貫地谷しほり)、そのメル友のメル友で浪人生のギモ(田中圭)が、ワラ(石原さとみ)とディノ(柳楽優弥)に加わり、4人による「包帯クラブ」が発足する。
「包帯クラブ」の活動内容とは、「傷ついた出来事を投稿してもらい、傷ついた人の、傷ついた場所に、包帯を巻きに行く。そして、手当てした風景をデジタルカメラで撮影し、投稿してくれた相手のアドレスに送る」というもの。パソコン操作が得意のギモ(田中圭)が、ホームページを立ち上げ、ワラ(石原さとみ)やディノは大量の包帯を買出しに行き、活動は始まった・・・。
サッカーの試合でのオウンゴールをきっかけにイジメを受けている少年に届く、<包帯巻きのゴールポストの写真>。美容院で髪型じゃなく顔を変えろと言われた女の子に届く、<美容院前で包帯ぐるぐる巻きで号泣しているタンシオ(貫地谷しほり) の写真>。そして、ワラ(石原さとみ)とタンシオ(貫地谷しほり) の中学時代の友達のリスキ(佐藤千亜妃)が「包帯クラブ」に加わる。投稿者との間に癒しの気持ちが通うと同時に、<包帯巻きの校庭の鉄棒>、<包帯巻きのバス停>、<包帯巻きの雑草の花>等々、街中に包帯の風景が溢れていく。

〜キャスト〜
井出野辰耶(ディノ)役:柳楽優弥
騎馬笑美子(ワラ)役:石原さとみ
柳元紳一(ギモ)役:田中圭
丹沢志緒美(タンシオ)役:貫地谷しほり 本橋阿花里(テンポ)役:関めぐみ
芦沢律希(リスキ)役:佐藤千亜妃

〜包帯クラブ〜

貫地谷しほり出演映画『彩恋』

『彩恋(さいれん)』 2007年夏
監督・脚本/飯塚健


〜物語〜

仲良し女子高生三人組たちの恋の行方、両親の愛、弟の恋愛動・・・などなど、ある地方都市で起こるさまざまな恋愛模様をコメディータッチで描く群像劇

〜キャスト〜

関めぐみ (紺野奈都 役)
貫地谷しほり (広瀬葫子 役)
徳永えり (城戸万里音 役)
細山田隆人 (未定 役)新人
高杉亘 (未定 役) 
市川春樹 (源遥香 役) 
国分佐智子 (吉田の妻 役)

この映画で気になる子が「関めぐみ」ちゃん

関めぐみ(せきめぐみ) 生年月日:1985年9月8日
出身地:神奈川県
所属事務所:スターダストプロモーション
身長:169.8cm
星座:おとめ座
血液型:B型


a girl like you 君になりたい。

女優やモデルのポートレイト写真を1冊にまとめた写真集。
現在活躍している上戸彩、蒼井優、宮崎あおい、石原さとみ、
長澤まさみ、麻生久美子、相武紗季など40名が登場

映画「スウィングガールズ」公式ガイドブック

貫地谷しほりちゃんが出演!!

他にもたくさんかわいい女優さんが出演し人気映画となりました
「スウィングガールズ」の公式ガイドブック。

スウィングガールズ公式ガイドブック Swing a gogo!!

スウィングガールズ公式ガイドブック Swing a gogo!!

〜商品紹介〜
矢口史靖監督「スウィングガールズ」のガイドブック!
「ウォーターボーイズ」の矢口史靖監督の新作「スウィングガールズ」のガイドブックが登場。ほぼ1年間ロケをこなしてきた撮影の模様、シナリオなど充実の一冊。

『ウォーターボーイズ』の矢口史靖監督が贈る、ハチャメチャで楽しくて思わずスウィングしたくなるこの作品。ちょい役までもが個性あふれる登場人物たちは、矢口作品の真骨頂!この本では、本番に使われたシナリオを一挙公開するとともに、映画公開に先立ってCS放送で放映中の、登場人物たちのサイドストーリーも独占公開!さらに、この映画の撮影のためになんと楽器演奏を覚えてしまった彼女たちの、汗と涙の軌跡を関係者の談話などから明かしていきます。矢口監督をはじめとするスタッフの談話、そしてバンドでただひとりの男の子、拓雄役の平岡祐太くんのインタビューも必見!映画を観る前はもちろん、観終わった後に読むとさらに楽しめる、おトクな一冊です。

「ウォーターボーイズ」の矢口史靖監督作品、「スウィング・ガールズ」のガイドブックが登場。ほぼ1年間ロケをこなしてきた撮影の模様、シナリオなど充実の一冊。

〜★スウィングガールズ★〜

映画「スウィングガールズ」の本

貫地谷しほりちゃん出演 人気映画

スウィングガールズ オフィシャルブック

スウィングガールズ オフィシャルブック

出演者【スウィングガールズメンバー】
上野樹里 平岡祐太 貫地谷しほり 本仮屋ユイカ 豊島由佳梨
関根香菜 水田芙美子 あすか 中村知世 根本直枝 松田まどか
金崎睦美 あべなぎさ 長嶋美紗 前原絵理 中沢なつき 辰巳奈都子

〜商品の紹介〜
山形の女子高生がスウィング・ジャズにチャレンジする様を描いた傑作青春映画「スウィング・ガールズ」。この映画のガイドブックには、吹き替えなしでジャズをマスターした、上野樹里、平岡祐太ら17人の汗と涙の記録が刻まれている。

「私たちがスウィングジャズをマスターするまでの涙と汗の記録です!」未公開カット、ライブシーン、4コママンガ、スウィングガールズ&ボーイ全17名のインタビュー、メイキングほか満載。

04年9月公開映画「スウィングガールズ」のオフィシャルブック。未公開カット、ライブシーン、4コママンガ、スウィングガールズ&ボーイ全17名のインタビュー、メイキングほかを満載。涙と汗の記録です。

〜もくじ〜
贈ることば
山河高校スウィングガールズ
思い出のアルバム
プロローグ
ストーリー
キャストインタビュー
ライブドキュメント
谷啓のスウィングジャズ初級講座
スウィングガールズインタビュー
真島秀和のレッツ山形弁
ああ素晴らしき矢口ワールド
撮影秘話
撮影日誌
練習日誌
寄せ書き

NHK「ちりとてちん」ヒロイン役

貫地谷しほりちゃんの最近をお伝えしたいと思います。

NHKの朝ドラ「ちりとてちん」のヒロイン役を勝ち取りました。
その記事や写真が掲載されているサイトのリンクです。
是非 のぞいてみてくださいね。

サンスポ.Com
オーディションで約1800人の中から選ばれた貫地谷は2002年にデビューし、これまで映画「スウィングガールズ」やNHK大河ドラマ「風林火山」に出演している。今回が初主演。東京都出身。

http://www.sanspo.com/sokuho/0314sokuho057.html

MSN 毎日新聞
NHK朝ドラ:ヒロインに貫地谷しほり「今回のヒロインは、根は明るいが肝心な時にマイナス思考に陥る複雑なキャラクター。貫地谷さんの高い演技力を買った」と起用理由を説明。

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/tv/news/20070315spn00m200006000c.html

貫地谷しほりちゃんの出演してる
DocomoのCMが動画で見れます。
モモコ役(貫地谷しほり)

http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ad/tvcm/070315_01.html

貫地谷しほりが2年前の「大奥」で濡れ場シーンを演じてました??

http://oooooku.at.webry.info/200703/article_1.html

花より男子2 リターンズより
日向 更(ひなた さら)役を演じた貫地谷しほりちゃん

http://www.tbs.co.jp/hanadan2/cast/detail/sara.html

貫地谷しほりオフィシャルブログ「しほりのおしゃべり工房」

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。